ローンが残っていても車買取してもらえる?

金曜日, 1月 30th, 2015

急な引越しなどの事情で、車が引っ越し先で持てず、売却するしかない場合、車を買い替えるわけではないので、ディーラーに売却するよりは、車買取店で買取してもらったほうが査定金額も良いでしょう。

ただし、そのときにローンで車を購入していて、ローンが残っていたら売却できるのでしょうか?

車買取する際に、査定金額がローン残高よりも上回っていれば、買取業者さんがローン会社と話をしてくれます。買い取り金額からローン残高を支払うように調整してくれますので、心配無用です。

買い取り金額がローン残高よりも少ない場合は、買取業者さんと相談して、買取金額をローン残高に割り当てて、早く返済を完了できるよう対応してもらうのもひとつの方法です。

残っているローンを一括で返済できるようなら、返済した後で売却する方法もあるでしょう。まずは、ネットで高値で買い取ってくれそうな業者を探し、相場を確認して、2社以上で査定を依頼しましょう。くれぐれも売り急ぎを悟られないよう、気配りくださいね。

車買取では売り急ぎに気づかれないことが重要

木曜日, 1月 15th, 2015

国内転勤や海外赴任が急に決まり、車を急いで売却しなければならなくなった、という方もいるかもしれません。

そんなとき、時間が無いからといって、売り急いでいることを車買取の人に言わないほうが高額の査定金額になります。売り急いでいることがわかると、査定金額を下げてしまうことが多いそうです。

車買取を急いでいる場合は、何社かに同時見積もりを取ったり、ネット査定をしたりしていないことを見抜いてしまい、比較する金額がなければ多少安く査定金額を出しても問題ないと判断されてしまいます。

他にも、査定の際に、小さい傷や内装の掃除がされていないなどを大きく取り上げて、査定金額のマイナス要素にしてしまうこともあります。

早く車を売りたいけれど、買い取り金額を少しでも高額にしたいと思っている人は、車の売却に必要な書類が全て揃ってることは絶対に伝えてはいけません。

何社か見積もりを取っていること、ネットで相場を調べることなどを怠らず、早く売却したいという気配を出さずに、査定を依頼し、買取業者が決まってから、「実は・・・」と説明して、手続きを早めてもらうようにすすめましょう。

車買取の査定金額を少しでも高くしてもらう秘訣?

月曜日, 12月 29th, 2014

車を買い取りしてもらう際の査定金額、これを少しでも高くしてもらう秘訣が3つほどあります。一般的なものなので、車買取をしてもらおうと思っている方は是非、チェックしてから査定に向かいましょう。

1つ目は、査定を依頼する時間帯は、夜が良いでしょう。特に雨が降っている日なら、お客さんも少ないですし、夜なので、細かい傷やボディの色むらなどが目立ちにくくなるので、晴天の昼間に査定してもらうよりも少し良い金額がでる可能性があります。

次に、車内はきれいにしておきましょう。きれいにしておくだけで、査定金額が少しですが変わってきます。近所のカーショップで内装をきれいに磨くようなグッズで仕上げてから、査定してもらいましょう。

3つ目はアピールポイントをしっかり査定をする人に伝えることです。新車で自分しか乗っていない車なら、ワンオーナー・カーであることをしっかり伝えましょう。タバコを車内で吸っていないのであれば、それもアピールポイントになります。他にも、大きな事故はしていない、走行距離が少ない、社外パーツ(マフラーなど)をつけているなどの点を伝えて、車買取で高額査定を掴み取ってください。

車買取と下取りの違い

日曜日, 12月 14th, 2014

現在所有している車を売るケースとして、2つの場合があります。

1つは、新車や中古車を購入する目的で、下取りに出す場合。これは、現在所有されている車の査定金額はそのまま次の車の購入費用に充てられます(他の用途には使用できないと考えた方が良いでしょう)。買取をするのが主にディーラーとなるので、査定では流行や人気のようなものは一切考慮されず、車自体の価値を厳密に計算するだけです。

例えば、新車購入から5年以上経過しているもの、傷が多いものなどは査定金額がほとんどつきません。高く買い取ってもらい、その金額を元に次の車を買おうとするにはあまりよい条件ではありません。

2つ目のケースとして、車買取を利用する方法があります。こちらは、中古車相場の価格、流行、車買取店の注力車であれば、下取りよりも高く購入してくれます。車を売却して得たお金は、家のローンに充ててもいいですし、次の車を新車で購入するための費用にも利用できます。

現在所有している車をなるべく高値で売却したいなら、中古車の買い取り専門店に買取金額の見積もりを依頼してみるのが良いでしょう。

車買取を高額にするには一括査定サイトを利用する

日曜日, 11月 30th, 2014

高額な車買取をするための裏業(うらわざ)なのかもしれませんが、ネットで提供されている一括査定サイトを利用するのが良いかもしれません。

これらのサイトを利用すると、買取専門店や中古車を販売しているお店の方が直接自宅に来てくれて、車の査定をしてくれるそうです。車を買い取り専門店に持ち込むのとは違い、やや面倒な部分もありますが、買取金額を少しでも高くしたい人にとっては有益です。

それは、車買取をしたいと思っているお店が複数きて査定してくれるので、例えば最初にきたお店の査定金額を覚えておき、次に査定に来た店にその金額を話すことで買取金額を高くすることができる可能性があります。

複数のお店に査定してもらうと、当然ながらお店の力の入れ加減により、車種ごとに買取金額が変わってきますが、他社に負けたくないという気持ちにさせることで、自分で車を持ち込むよりも高く買取金額を設定できる可能性がでてくるわけです。

ですので、少しでも高く買取金額を設定したい人は、一括査定サイトを利用されると希望に近い金額で買取してもらえる可能性がありますよ!

車買取の専門店を利用する前に良く考えて見ましょう

月曜日, 11月 17th, 2014

車買取をメインとしている会社でCMなどでよく知られているところがいくつかあります。車の買取だからといって、最初からそこに持ち込むのは待ちましょう。

手続きが面倒、相場に対して多少安く買取価格をだされても問題ないと思われている方は良いのですが、自分の車を少しでも高く買い取って欲しいと思っている方は、下調べをしてから車買取の専門店に持ち込みましょう。

中古車の価格というのは水物で、相場はあくまでも相場ですから、傷の状態や装備されているオプションの種類、限定車かどうかなどの要素で買取価格が変わってきます。逆に言えば、買取業者に言いくるめられて、値段が相場よりも下がってしまうこともありえます。

そういう可能性を考えると、できれば事前に、買取を強化している車種を確認しておくとよいでしょう。例えば、ドレスアップ車の買取を強化しているとか、売れ筋のミニバンなら他のお店よりも高く買ってくれるといった話を情報収集した上で、買取専門店に行きましょう。そうすれば、相場か相場以上の買値を提示してくれる可能性が高まります。

少しでも高く車買取をしてもらうために

木曜日, 2月 13th, 2014

せっかくの愛車を高く買い取ってもらうには、少しの手間をかけてから査定に持っていく。
車買取では、人間の心情を上手く使えば、それほどでない車でも高く売れることがあるのだ。

まず、洗車をして愛車を綺麗にしておく。もちろんワックスも必須だ。
ぴかぴかに磨き上げられた車は、泥だらけの車と比べると、劣る性能のものであっても、
車を大切にしてきたと見られて、泥だらけの車よりも高く買ってもらえるだろう。

内装を掃除も必要だ。
車内に掃除機をかけ、マットを綺麗にしておくだけでなく、見落としがちな内側の窓ガラスや、
ドアポケットのなどほこりが溜まりやすい場所も掃除をしておく。
外がきれいなのに中は汚いと見られてはいけない。

車買取後は、中古車として売られる場合が多いため、臭いも重要な要素になってくる。
タバコのにおいはもちろん、良かれと思ってつけていた芳香剤も、人にとっては不快に感じる場合がある。
消臭グッズなどで車内の臭いを消してから査定に出すようにしよう。

もちろん、車内にある不要なものや、ボディに貼ったステッカーやシールなどは必ず撤去しておくのは常識だ。

愛車

車買取で見られるのは車だけではない

金曜日, 1月 17th, 2014

車買取を行うディーラーは、もちろん人である。
人と人との取引である以上、愛車を売る側も対応に気を配らなくてはならない。
信頼関係は一方通行では成り立たないということを念頭に置いておこう。

売る側が買う側であるディーラーを品定めするように、ディーラーの方でも同じように見ている。
高く買ってもいい相手かどうかだけでなく、嘘八百を並べ立ててもいいと下に見ている場合もある。
愛車を高く売るには、売る側の誠意や態度も重要になってくるのだ。

社会人として当たり前の事になるが、連絡や売却の是非はなるべく早く行うようにしなければならない。
車買取に関して即決することは避けた方がいいが、ずっと保留の状態で放置していいわけではない。
ある程度決まり次第、ディーラーに連絡を入れておくべきだろう。返事が早ければ心情も悪くない。

また、値切りなど、相手の提示する金額より安いものをと交渉する際は、無茶を通すような態度や言い方は厳禁だ。
相手は商売人なので、自分の要求が通らないならば、あっさりと手を引く。
値引きはあくまでも、好意の上で成り立っていることを覚えておこう。

車買取ができないだろうと諦める前に

木曜日, 11月 14th, 2013

古い型や走行距離が長いものなどは、車買取に支障が出ると言われている。
また、事故車両は売れると思っていない人もいるだろう。
しかし、意外に専門の業者が存在し、どんな車でも買い取ってくれる場合がある。

一見買い手がつかないように思える車だが、意外に需要はある。
古い型の車や走行距離が長いものは、どうしても国内では買い手がつきにくい傾向にある。
しかし、海外では丈夫な日本車の需要は高く、どんなものであっても意外に売れるようだ。
そのため、輸出専門の会社が買い取ってくれることがあるのだ。

故障や事故で動かなくなった車であっても、買い手がつくことがある。
基本的には分解され、パーツ販売されることが多いが、中には日本車の需要が高い海外に売られることや、
見た目がそこそこきれいならば、修理したのち普通に販売されることもあるようだ。

自分の愛車が古いからとあきらめる前に、どんな買い手がつくか分からないのだから、
とりあえず査定に出してみよう。
それでも車買取では、事故車や古い車と比較的新しいものであれば、後者の方が高く売れるのは仕方がない。

車買取

車買取の時は交渉相手も見る

金曜日, 11月 1st, 2013

車は決して安いものではないですね。
特に慣れ親しんだ愛車は、税金や維持費、時には修繕費を払って乗ってきたものだ。
買い替えるなどで手放すことになったとしても、その思い入れは人により様々だろう。

どんな人であっても、車買取の金額を最初から低く考える人はいないだろう。
せっかくの愛車を大切に使ってくれる人であってほしいと思うのではないだろうか。

高く車買取をしてもらおうと思うならば、やはり交渉をする相手との信頼関係が必要になる。
車の金額も大切だが、交渉する相手であるディーラーとの会話に注意しよう。
対応した相手が少しでも気に入らない場合も、購入を一度思いとどまる理由になる。

信頼のおけるディーラーが相手ならば、交渉次第では値段が変わってくるだけでなく、
愛車を売る心情もずいぶん変わることになる。
同じ金額での買い取りになったとしても、信頼の置いているディーラーならば、高く買ってもらったと、
気持ちよく愛車を手放すことができるだろう。
たとえ低くなってしまったとしても、仕方がないと思えるはずだ。