車買取と下取りの違い

日曜日, 12月 14th, 2014
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 車買取と下取りの違い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
車買取と下取りの違い車買取に関する暴露サイト

現在所有している車を売るケースとして、2つの場合があります。

1つは、新車や中古車を購入する目的で、下取りに出す場合。これは、現在所有されている車の査定金額はそのまま次の車の購入費用に充てられます(他の用途には使用できないと考えた方が良いでしょう)。買取をするのが主にディーラーとなるので、査定では流行や人気のようなものは一切考慮されず、車自体の価値を厳密に計算するだけです。

例えば、新車購入から5年以上経過しているもの、傷が多いものなどは査定金額がほとんどつきません。高く買い取ってもらい、その金額を元に次の車を買おうとするにはあまりよい条件ではありません。

2つ目のケースとして、車買取を利用する方法があります。こちらは、中古車相場の価格、流行、車買取店の注力車であれば、下取りよりも高く購入してくれます。車を売却して得たお金は、家のローンに充ててもいいですし、次の車を新車で購入するための費用にも利用できます。

現在所有している車をなるべく高値で売却したいなら、中古車の買い取り専門店に買取金額の見積もりを依頼してみるのが良いでしょう。

Comments are closed.